事務所移転のお知らせ

弊社は2013年12月より事務所を移転いたしました。新事務所の住所やアクセスは、『会社所在地』をご参照ください。

iPhone5で必ず役立つ逆引きテクニックブック

インフォレスト刊『iPhone5で必ず役立つ逆引きテクニックブック』に編集協力・執筆致しました。
iPhoneユーザーの様々な疑問を、目的別に逆引きして解決する書籍となっております。
中~上級者のためのテクニックや、初心者のためのトラブルシューティングに加え、付録としてiPhone用の壁紙1074種と着信音
153種を収録したデータディスクもございます。
ご興味のある方はぜひお手にとってお確かめくださいませ。

iPod touchを100倍楽しむ本

アスペクト刊『iPod touchを100倍楽しむ本』に編集協力・執筆致しました。
初心者~中級者を対象に、iPod touchの入門的な操作の解説や、便利で楽しいアプリの活用法などを解説した書籍となっております。
ご興味のある方はぜひお手にとってお確かめくださいませ。

iPhone5を100倍活用する本

アスペクト刊『iPhone5を100倍活用する本』に編集協力・執筆致しました。
iPhone5の最新機能の紹介から、便利なアプリを用いた裏ワザ的使いこなし術までiPhone5の活用術を幅広く解説した書籍となっております。
ご興味のある方はぜひお手にとってお確かめくださいませ。

iPhone5完全ガイド

メディアボーイ刊『iPhone5完全ガイド』に編集協力・執筆致しました。
iPhone5の最新機能の紹介や、初心者向けの操作説明、中級者以上向けのアプリ活用術など、基本から応用までのテクニックをまとめた書籍となっております。
ご興味のある方はぜひお手にとってお確かめくださいませ。

Cakes(ケイクス)に執筆しました

IMG_20121019_121229

弊社久保内が月額コンテンツプラットフォーム「Cakes」にて、<K-POPからみえるもの——もう一つのIFと新たなカ>と題して
全三回の連載をおこないました。
昨今、日本に進出するK-POPの姿を通じて、日韓の大衆歌謡の由来から、西洋文化とアジアを論じるコラムになっております。

cakes(ケイクス)は、デジタルコンテンツのための配信プラットフォームです。
インターネット上でコンテンツを流通するためにつくられた新しい市場であると同時に、読者のみなさんが好きなコンテンツに出会える新しいメディアでもあります。

掲載させていただいた「Cakes」は、週額150円でさまざまなクリエイター・作家のコンテンツが楽しむことができる新しいコンテンツプラットフォームです。
メルマガ、電子書籍がメインだったWEB上での文章コンテンツ配信に新しい方法論を提示しており、大変注目しております。
そのような新しいプラットフォームにお声掛けいただきありがとうございました。

よろしければ、「Cakes」の久保内連載をよろしくお願いいたします。

「Cakes」ケイクスカルチャー内<K-POPからみえるもの——もう一つのIFと新たなカ>

ホームページリニューアル中

a0002_009354

株式会社タブロイドへようこそ! 現在ホームページリニューアル中です。

お急ぎの方は代表・久保内信行までメールをお願い致します。

kubouti@tabloid.jp

アニメレビュー勉強会『映画 けいおん!』参加原稿を公開します

a1380_000742

 アニメ評論家・藤津亮太氏の主催されるアニメレビュー勉強会が先日開催されました。弊社・久保内はゲスト講師として参加させていただきました。

 その際に執筆したレビュー参加用原稿を公開いたします。

—–
1 想定媒体オトナアニメ2012年鑑
2000wきっかり。
■けいおん! の、めぐる季節と成長の軌跡

 私立桜が丘女子高校軽音楽部を舞台に4人の生徒がバンドを組み、軽音部を作る『けいおん!』。タイトルが軽音部! ではなくひらがなになっているとおり、バンド一直線! のスポ根ノリから一線を画した、お茶とおしゃべりのゆるやかな作風が特徴だ。アニメ1シーズンは、そんな主人公・平沢唯たち部員の生活を春から二年間を追っていくスタイルで放送。流れるゆったりとした時間の雰囲気も好評でブームを引き起こした。

 途中から彼女たちの演奏を聞いて入部した後輩の中野梓も「テスト勉強に没頭したら、ギターのコードを全部忘れちゃう」唯のような先輩たちのゆるゆるした部活動に呆れながらも、すっかりペースに馴染んでいる。唯たちは三年生に進級する2シーズン目も、受験を目前に控えているくせに相変わらずのメンバーたちを描いている。しかし、来年は、ただ一人二年生の梓だけが残ってしまう予感が複雑な心の模様になって影を落とす。

魔法少女モノアニメの歴史と、『魔法少女まどか☆マギカ』

51ThZwe2IQL__SL160_

—–
この原稿は、三才ブックスから刊行された『超解読まどかマギカ』収録の原稿です。魔法少女アニメの歴史から魔法少女まどか☆マギカについて語ったもので、映画公開記念に期間限定で公開いたします。まどか☆マギカを振り返り、新たな物語を確認する際の補助線になれば幸いです。

もし、この原稿が気に入られましたら、書籍『超解読まどかマギカ』を、お手にとっていただければ幸いです。

また、iPhoneアプリでも販売中です。現在キャンペーン期間で特別価格85円になっておりますので、こちらも是非。
—–

■魔法少女モノアニメの歴史と、『魔法少女まどか☆マギカ』

●久保内信行

 『魔法少女まどか☆マギカ』は題名に「魔法少女」というジャンルを冠して発表された。事実、使い魔であるキュゥべえと契約して魔法少女に変身して敵である魔女と戦うという外見は、確かに「魔法少女モノ」といえる。

 しかし、視聴者側から見ると従来のいわゆる土曜日曜の朝に放映されている女の子向け魔法少女モノとは趣きを異にしているように感じられた『まどか☆マギカ』。一年間というロングスパンの中で愛と魔法の力をもって敵をやっつけていく話とは異なり、魔法少女たちが毎回命がけで戦う姿というのは、普通の魔法少女モノと呼ばれるアニメでは考えられない事態だった。彼女たちは他の魔法少女たちと違い、傷も生々しく描かれ、出血もするのだ。

まずは、魔法少女モノ作品の歴史をおさらいしつつ、次に『まどか☆マギカ』がその中でどのような位置を占める作品なのかを考えていこう。「※あとで埋めます」ページに掲載した魔法少女モノ作品の歴史年表と併せて読んでいただけると幸いだ。

MacフリーソフトセレクションBOOK for Mountain Lion

アスペクト刊『MacフリーソフトセレクションBOOK for Mountain Lion』に編集協力・執筆致しました。
Macユーザーの初心者~中級者を対象に、使い勝手がよく便利なフリーソフトを厳選して紹介した書籍となっております。
ご興味のある方はぜひお手にとってお確かめくださいませ。